通夜・葬儀で会社を休む際の言い方とは?文例や休める日数をご紹介

身内や親戚が逝去したら、葬儀に出るためには会社に連絡を入れる必要があります。しかし、なんと言ったら良いのかどのような内容を伝えるべきなのか言い方を分からない人も多いことでしょう。そこで、葬儀のため休む際の連絡の仕方や言い方について詳細を確認していきましょう。

目次

  1. 葬儀による休み連絡をする言い方について
  2. 葬儀で会社を休む時の言い方
  3. 通夜・葬儀参加で会社を休める日数
  4. 葬儀による休暇が終わるタイミングのマナー
  5. 葬儀を行う際のマナー
  6. 葬儀による休み連絡をする言い方のまとめ

葬儀による休み連絡をする言い方について

葬儀

身内や親戚が亡くなってしまったらうろたえて頭が回らなくなってしまいそうになることも多々あるでしょう。
しかし慣れない葬儀のために準備することはたくさんあり、社内への連絡もその一つです。

しかしながら、どのような言い方で、またどのような内容を伝えたらいいのか分からないという人も多いことでしょう。
メールでいいのか、電話などで口頭で伝えた方が良いかなど細かな部分も気になります。

今回終活ねっとでは、葬儀に出なければならない人が忌引のためにどのように連絡したらいいのかを以下の項目に沿って詳しく解説していきます。

  • 葬儀による休み連絡をする言い方について
  • 葬儀で会社を休む時の言い方
  • 通夜・葬儀参加で会社を休める日数
  • 葬儀による休暇が終わるタイミングのマナー
  • 葬儀を行う際のマナー

急な事態の時も会社に迷惑を掛けないようにしっかり連絡できるように丁寧にご紹介していきます。
ぜひ最後までお読みになって役立てていただければと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀で会社を休む時の言い方

葬儀

忌引の連絡をする時には誰に、どのような言い方をしたらいいのかを確認していきましょう。
メールでもいいのか、口頭で直接連絡するべきか迷いますよね。
連絡手段をどうするかについても確認していきましょう。

上司に伝えるのは基本的なルールです。
会社によっては弔電と香典を出したり参列などをする場合もあります。
それ以外にも自分の休みによって影響が出る人には連絡して仕事で迷惑を掛けることを伝えなければなりません。
取引先や同僚など自分の行う仕事に密接に関わる人たちには連絡をしましょう。
そしてなるべく口頭で直接連絡することを推奨します。
顔を合わせてでなくて構いません。
しかし電話を使って伝えないと確認が遅れてしまう可能性があります。
深夜や早朝などの非常識な時間は避けますが一度上司と直接忌引について相談しましょう。

直接伝える際の言い方

直接上司に伝える際は、どのような言葉で言えばいいのでしょうか。
普段慣れない葬儀という内容についてなので、初めて会社に伝える時は特に方法が分からなくて不安になりますよね。
メールとは文体も少し違いますから、口頭で述べる場合の例などを確認していきましょう。
逝去した人と自分の関係、お通夜などの日程、何日からどのくらいの期間忌引で休むか、緊急連絡先、喪主が誰かなどを報告します。

これらの情報はメールでも送っておきましょう。
表現については、オブラートに包まなくて大丈夫です。
他界しました、亡くなりましたなど死を直接的に表す言葉を使うことに抵抗があるかもしれません。
しかしこの場合、シンプルで正確な情報を伝えればいいので言い方の表現については気にしなくて大丈夫です。

具体的に言い方を挙げるとするなら、「父(あるいは母、祖母、祖父など自分にとって何親等の人間が亡くなったかが分かるように)が亡くなりました、明日と明後日の通夜と告別式に参列したいと思いますので休暇を頂けたらと思います」などの表現です。
そして電話でもなく対面している場合は、葬儀の日程を書いた紙を渡しておきましょう。
自分が喪主である場合はその旨も知らせましょう。

そうしたら、あとは上司が緊急連絡先や何日休みたいかなどを聞いてくるかもしれませんから必要事項を答えれば大丈夫です。
会社によっては葬儀があったという証拠の提示が必要になる場合があります。
電話の場合は、後でメールで詳細を改めて送っておけば間違いがないでしょう。

連絡の仕方はメールでもいい?

身内や近しい人の訃報の知らせが突然だった場合は取り乱してしまうこともあるかもしれません。
しかし会社を休むには仕事の引き継ぎなどをしないと支障が出て迷惑を掛けてしまいます。
メールでの連絡でも失礼にはなりません

時間がなく遠方へ駆け付けなければならないなど、葬儀の参列に支障が出てしまうなら直接口頭にて相談できなくても致し方ありません。
しかしなるべくなら、メールのみではなく電話も組み合わせるとより確実です。
早朝と深夜を避けて、常識的な時間帯に電話をしましょう。

メールの際の文例

件名:○月○日〜○月○日まで 忌引休暇のご相談

本文:
○○部長

お疲れ様です。○○(名前)です。
この度、私の○○(故人との続柄)が亡くなり休暇を頂きたく、ご相談致します。
詳細は以下の通りです。

期間…○月○日から○月○日までの○日間
葬儀の日程は○○になります。葬儀場は○○で住所は○○県○○市○○〜です。
理由…○○の葬儀への参列と手伝いのため
添付書類…仕事の引き継ぎに関する書類○通
緊急連絡先…何かありましたら、休暇中は090-○○○○-○○○○(携帯電話の番号)へご連絡頂きますと幸いです。

以上、ご迷惑お掛けしますが宜しくお願い致します。

取引先の場合は少し異なります。
緊急連絡先などが自分の携帯電話ではなくて会社になります。
取引先だった場合について見ていきましょう。

件名:忌引につきアポイント延期のお願い
本文:
株式会社□□
□□部□□課 ○○様

大変お世話になっております。
株式会社○○の○○でございます。

△月△日に○○についてのお時間をいただいておりましたが、私事で恐縮ですがこの度身内の不幸があり、日にちを延ばしていただきたくご連絡致しました。

状況によりましては他の担当者に引き継ぎ伺わせるなど貴社のご迷惑にならないよう上司とも話し合いをしております。

私が不在の間、もし何か御用がありましたら弊社の電話番号090-△△△△-△△△△にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

○日の打ち合わせを果たせずご迷惑お掛けしますこと、申し訳ございません。
何卒宜しくお願い致します。
-----------------------------------------------
株式会社○○ ○○部
○○ ○○(名前を記入)

株式会社○○
○県○市
090-○○○○-○○○○
Email
(会社の住所と電話番号、メールアドレス)
-----------------------------------------------

忌引の連絡メールには、必要な情報を詳しく記入しましょう。
具体的には以下の項目です。

  • 亡くなった人との続柄と、いつ逝去したか
  • 通夜と葬儀が何日に行われるか
  • 忌引休暇が何日必要か
  • 葬儀場の名前と住所
  • 緊急連絡先の携帯電話番号

タイトルも付けてすぐに忌引であることが理解でき、何日くらい休みたいのかが把握できるようにすれば、会社も仕事の割り振りなどを素早く対処来ることが可能です。

通夜・葬儀参加で会社を休める日数

葬儀

忌引き休暇とは?

会社に行く意志があるかないかによらず、身近な者の逝去によって申請できる休みのことを言います。
会社を正式に休めるので、必ず忌引の申請をしましょう。
忌引き、なんの目的かといえば故人を悼み、葬儀などの手続きをするための休暇です。

忌引き休暇は、故人とどのくらい近い続柄にあったかを考慮して日数が定められています。
親や子などの1親等なら悲しみも深く、喪主としてすべき手続きがたくさんありますから、その分長期間休みが許可されます。

故人との関係により休める日数も違う

忌引きは、亡き人との親しさを考慮し会社が作り出した休みです。
もちろん、故人に対してどう考えるかは人により違います。
親であっても思い入れは個人差がありますね。
もし故人への思いが人一倍強いことをアピールすれば思いの外長期間の休みをもらえる可能性もあります。
喪主を務める人や現在いる場所から遠い地域で葬儀を行うなら、長期間の休みを得られる場合があります。

会社の方針にもよりますが亡き人が血の繋がりが遠い場合は忌引を得られないこともあるので注意しましょう。

配偶者

配偶者が亡くなった場合は、喪主になることが多いです。
また、相続や遺品整理などのやるべきことも多いため、10日ほどの忌引休暇が申請できることが一般的です。

親が亡くなった場合、配偶者が高齢なら子が喪主になることも多いです。
なので普通は7日ほどの忌引休暇を申請できます。

祖父・祖母

祖父や祖母の場合も、葬儀の手伝いなどあるでしょう。
そのため3日ほど忌引休暇を申請できることができます。

兄弟姉妹

兄弟姉妹も2親等ですから3日の忌引が申請できます。

子は親と同じ1親等ですが、5日の忌引が一般的です。

2親等ですが、1日の忌引しか申請できません。

義父・義母

配偶者の親は3日の忌引が一般的です。

葬儀による休暇が終わるタイミングのマナー

葬儀

葬儀が終わってから、お手数を掛けた会社の人達に丁寧に挨拶をしましょう。
菓子折りや、香典をいただいた方には香典返しも持参する必要があります。
どんな言い方が良いか、文例を確認していきましょう。

会社に復帰したら会社の人に挨拶

仕事の引き継ぎや香典など不在時に何かとお世話になった会社の人です。
一番大切なのは口頭で丁寧にお礼を伝えることですが、その際菓子折りや香典返しを場合に応じて渡しましょう。
菓子折りは日持ちがして1袋ずつ個包装になっているものがおすすめです。
冷やさなければならない要冷蔵の品などは面倒くさいので避けましょう。

香典返しは、誰から頂いたのかをリストにしておくとうっかりを防げます。
しかし香典をもらっていないのであれば、逆に菓子折りなどを渡すとお礼が過剰すぎて場違いに思われる可能性もありますから会社の慣習によってとか、香典をもらったかどうか、どの程度ご迷惑をお掛けしたかなどによって最適な対応をしましょう。
お歳暮などは直接家に宅配業者を使って送ることが多いですが、香典返しももし住所が分かればそのように送って構いません。

しかし会社で手渡しした方が丁寧な印象になるかもしれません。
とにかく香典をいただいたらお礼の言葉と一緒に香典返しを必ず渡しましょう。
香典の金額がそれほど高くなければ菓子折りでも良いです。

挨拶の文例

どのように挨拶したらいいか確認していきましょう。
丁寧すぎるのではないかと心配することはありません。
社会人としてそのような挨拶はしっかりと行っておきましょう。

「○○の葬儀にあたり、ご香典をいただきまして、ありがとうございました。
休暇を頂いたおかげで葬儀を無事終わらせることができました。
本日から仕事に戻りたいと思いますので宜しくお願い致します。」

上司以外の会社員に関しても、同様に挨拶と香典返しをしましょう。

葬儀を行う際のマナー

葬儀

葬儀の前後に会社に対して行うべき挨拶と言い方についてご紹介しましたが、次に葬儀を行う際のマナーについても確認していきましょう。

仏式

仏式とは仏教の教えに沿った葬儀のことです。
服装はどのように身だしなみを整えたらいいか、そして香典袋の表書きはどのように書いたらいいかをご紹介します。

服装

身だしなみと服装について確認していきましょう。
男性ならヒゲと髪を整え清潔感を出します。
靴下は黒、ネクタイ、靴も黒です。

ただしエナメルは避けましょう。
スーツは上下ブラックで中に着るワイシャツは白を選びましょう。
女性は薄化粧でチークは使わないように気を付けましょう。

結婚指輪とパール以外はアクセサリーを身に着けないでください。
上下黒のスーツに、ストッキングは肌色でも黒でも大丈夫です。
爪にマニキュアをしていない状態で葬儀に参列しましょう。
靴は金具のないパンプス、カラーは黒、ヒールは低めが良いです。
エナメルは避けましょう。髪はひとつにまとめます。

持ち物にも、派手さや金属、光沢のない素材で地味な色のものを使いましょう。
カバンは小さくて黒い布製など、ハンカチは白で派手なレースの付いていないものなどです。
仏式の場合は数珠も必要です。

香典袋の表書きの書き方

香典袋の表書きは、宗派によって違います。
宗派を選ばず使えるのが「御霊前」という言葉です。
浄土真宗では「御仏前」という言葉も使えます。
仏式では他に御香典、御香料という言葉も使えます。
香典袋の表には金額を書きます。

そして裏に氏名を書くのが普通です。
何人かから渡す時は目上の人の名前を右側から書いていきます。
ただし、4人以上になると書ききれないですし詰め込むと見苦しくなるので、代表者一人の名前を書き他一同と書き添えます。
誰から贈られた香典なのか分かるように、香典袋の中には全員の名前を記した紙を入れておいてください。

神式(神道)

神式の場合は、服装や香典袋の決まりはどのようになってくるでしょうか。
それぞれ確認していきましょう。

服装

仏式と同様に、ブラックフォーマルが基本です。
そのような格好で忌明けになるまで過ごすのがマナーとされています。

香典袋の表書きの書き方

神式の場合は、香典袋の表書きに御玉串料という言葉を書きます。
御榊科、御神饌料なども使えます。
先程仏式をご紹介しましたが、あとはキリスト教がありますね。
キリスト教だと御花料などと書くようです。

葬儀による休み連絡をする言い方のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは訃報が届いてから忌引を申請するための方法や言い方について以下の項目を中心にお伝えしてまいりました。

  • 葬儀で会社を休む時はなるべく上司に伝える

    伝えるべきことは、個人との続柄亡くなった日、何日から何日まで休むか、緊急連絡先、葬儀が家族葬ならその点についても。

  • 忌引休暇とは故人を悼むための休暇で、続柄によって何日休めるかが違う

    1親等などの近い続柄であればあるほど長い休暇が許可されます。

  • 忌引が終わってから会社の人にどのような言い方で挨拶したらいいか

    お陰で無事に葬儀が終わった事と、迷惑を掛けたことへの謝罪、香典返しなどを渡すということです。

誰でも、人の死によって少なからず動揺してしまうものです。
そんな中で冷静に社会人として最善の対応、言い方を出来るかといえば、難しいでしょう。

忌引が終わっても、これから会社での人間関係は続いていきます。
迷惑を掛けたり会社の損失とならない為に、上司への連絡や丁寧な言い方を忘れないようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀など終活に関する様々な話題で情報を発信しています。
葬儀の費用については以下の記事もぜひ参考にされてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・言い方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・言い方」についてさらに知りたい方へ

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説のサムネイル画像

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説

葬儀後の挨拶はメールで良い?メールで送るマナーや例文を解説のサムネイル画像

葬儀後の挨拶はメールで良い?メールで送るマナーや例文を解説

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

会社から葬儀の花を贈る時のマナーや選び方は?会社へのお礼もご紹介のサムネイル画像

会社から葬儀の花を贈る時のマナーや選び方は?会社へのお礼もご紹介

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説のサムネイル画像

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説

配偶者の祖父母の葬儀は出席すべき?香典や会社への連絡の仕方を解説のサムネイル画像

配偶者の祖父母の葬儀は出席すべき?香典や会社への連絡の仕方を解説

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介のサムネイル画像

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

葬儀に参列できない時の対応や文例は?当日・後日に分けて対応を解説のサムネイル画像

葬儀に参列できない時の対応や文例は?当日・後日に分けて対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬儀・言い方」についてさらに知りたい方へ

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説のサムネイル画像

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説

葬儀後の挨拶はメールで良い?メールで送るマナーや例文を解説のサムネイル画像

葬儀後の挨拶はメールで良い?メールで送るマナーや例文を解説

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

会社から葬儀の花を贈る時のマナーや選び方は?会社へのお礼もご紹介のサムネイル画像

会社から葬儀の花を贈る時のマナーや選び方は?会社へのお礼もご紹介

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説のサムネイル画像

葬儀でお包みする香典マナーとは?費用相場やお金の入れ方も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと